タビノナカ

2019年10月から。世界一周の旅ノナカ。

ベトナムのビーチリゾートで、泥温泉&マッサージ体験@I RESOR(アイリゾート)ベトナム・ニャチャン 2019/10/14-10/15

ベトナム縦断4つめの都市は、ベトナムのビーチリゾート、ニャチャンへ行ってきました!

f:id:exciting-sky:20191021165729j:plain
ビーチリゾート感、満載☆

ビーチの近くでくつろいでみたり

f:id:exciting-sky:20191021170315j:plain:w400
  
ココナッツを飲んでみたり
f:id:exciting-sky:20191021170419j:plain:w400
  

でも、リゾートといえど、バイク&車の交通量は半端ないので、道を挟んで向こうのビーチに行くだけで命がけです。もちろん、信号なんてありません。

f:id:exciting-sky:20191021171019j:plain:w400
びゅんびゅんバイクがやってくる

また、I RESORT(アイリゾート)というところで、泥温泉&マッサージ体験をしてきました~♬

泥温泉は、ドロドロしてて気持ち悪いのかと思っていましたが全然そんなことはなく、すごくサラサラしていて、あったかいトロトロした液体に包まれる感じがとても気持ち良かったです!おすすめ!!!

ただ、私は盗難を恐れて、泥温泉&マッサージ体験の時は貴重品を持ち歩かなかったので、残念ながら泥温泉に入っている写真がありません。
でも、ちっさいビニール袋に携帯を入れておけば、持ち運べたなー!などということを後々発見し、写真撮りたかったなー!とすごく思ったので、今回は、これから訪れようと思っている人のために、ニャチャン・I RESORT(アイリゾート)のロッカー事情、貴重品事情をまとめておきたいと思います。
興味のない人は飛ばしてください!

ベトナム・ニャチャン I RESORT(アイリゾート)のロッカー設備や貴重品の持ち運びについて

アイリゾートの建物がこれ

f:id:exciting-sky:20191021173337j:plain:w400
  

入口にはいると、まずこのようなカウンターがあります。

f:id:exciting-sky:20191021173729j:plain:w400
 

ここで、どのコースにするかを決めます。
私はあらかじめアイリゾートのサイトで予約をしていたので、メールで送られてきていたバーコードを見せました。
ちなみに、私は温ミネラル泥(泥温泉)とマッサージを予約しました。

予約サイトはこちら↓
https://www.i-resort.vn/BookingServices.html

ここの受付では、泥温泉の分だけ支払って、マッサージの分は中で払ってね、とのことだったので、350,000ベトナムドンをここで支払います。

そして中に進むと、貴重品を預けるカウンターが。

f:id:exciting-sky:20191021174432j:plain:w400
  

中の様子が全くわからない私は、とりあえず貴重品はここで預けとかないといけない!と思い、財布と携帯を預けました。黒いビニールに入れてテープでぐるぐる巻きにされます。住所と電話番号を書かされ、控えをもらいます。

でも、正直ここで預けなくてもよかったかも。

さらに進むと、ロッカールームの入り口へ。

f:id:exciting-sky:20191021175107j:plain:w400
  

ここで、ロッカーキーとタオルと無料貸し出しの水着を受け取ります。
なお、水着は自分のを持って行ってもいいですし、現地でも売っていました。

f:id:exciting-sky:20191021180111j:plain:w400
貴重品カウンターの横で売っています

そしてその奥には、なんと南京錠が付いたロッカーがあるやないかーい。

f:id:exciting-sky:20191021180238j:plain:w300
  

ちなみに無料貸し出しの水着とタオルはこんな感じです↓

f:id:exciting-sky:20191021180612j:plain:w300
後ろ姿を盗撮してしまった(笑)

このロッカーに自分の荷物や服を入れて、鍵をかけておくことができます。
なので、最低限の貴重品しか持っていない場合は、こちらのロッカーに入れておいた方がいいと思います!

また、小さなビニール袋や小さなプラスチックの鞄を持って行くことをオススメします!
そこに最低限のお金と携帯を入れておけば、さっと持ち運べるし、濡れても大丈夫だし、実際にそういう袋とか鞄を持っている人がたくさんいました。
私もそうすればよかったーーー。

私の場合、泥温泉終了後マッサージを受ける際、施設内のマッサージ受付で再び代金を支払う必要がありました。
なので、いったん貴重品カウンターまで引き返し、結局ぐるぐる巻きにされたテープをほどいて財布と携帯を受け取ることに。

f:id:exciting-sky:20191021181753j:plain:w400
マッサージの建物。分かりにくいですが、左下の方に小さくSPAって書いてます。

警戒心MAXの私は、マッサージ中に携帯撮られたら気づかんやーんと思ってマッサージに携帯を持って行かなかったので、建物の中の写真はありません(笑)
が!!!思っていた以上に綺麗な個室で、穏やかな音楽が流れるゆったりした空間でマッサージを受けることができました。
荷物を持って入っても、きっと盗まれないと思います(笑)

あとは、レストランでごはんを食べたり、うとうと昼寝をしてみたり・・・

f:id:exciting-sky:20191029225502j:plain:w400
けっこう広いレストランがあります
f:id:exciting-sky:20191029225641j:plain:w400
Fried Riceを頼んだら、かなり大きかった
f:id:exciting-sky:20191029225815j:plain:w400
お昼寝スペース

ただ、お昼寝をしているときも、鞄はたすき掛け&おなかの上でがっちりホールドです。

そんなこんなで、見事貴重品を守り切った (?) 私ですが、ほんとに、泥温泉に入っている写真を撮れなかったのが残念!!!
みなさんにも、どんな感じかお見せしたかった!!!

でも、もし気になった方がいれば、「ベトナム アイリゾート 泥温泉」などと調べれば、他の方の写真を見ることができるので参考にしてください(笑) 泥温泉だけでなく、プールとかもあるみたいですよ!
あの泥のサラサラトロトロ感、ほんとに気持ち良かったです☆

もし一週間程度のお休みがあれば、ホイアンでランタンを楽しんで→ニャチャンでリゾート気分を満喫&泥温泉体験、などというプランはいかがでしょうか??!!オススメです!

本日もここまでお読みいただきありがとうございます♬

f:id:exciting-sky:20191029231625j:plain