タビノナカ

2019年10月から。世界一周の旅ノナカ。

タイ・バンコクで片道3.5バーツ(約13円)のローカルボートに乗ってみました!~カオサンからシリラート博物館へ~

f:id:exciting-sky:20191105214425j:plain

カオサン滞在中。ふと思い立ちました。シリラート博物館に行こう!
シリラート博物館とはこちら↓
シリラート死体博物館[Siriraj Medical Museum] | バンコクナビ
名前の通り、ちょっとおどろおどろしい博物館なので、そういうのが苦手な方は見ないでください!興味のある方は、ネットで調べたら写真がたくさん出てきます(笑)

でも、もともと循環器内科・心臓外科で働いていた私にとっては、特に心臓の標本なんかはなかなかに興味深かったです(笑)

今回はそんなシラリート博物館にローカルボートに乗って行ってみました。

なぜかというと、カオサンからシラリート博物館までの経路をGoogleマップで調べたら、これが出てきたから。
f:id:exciting-sky:20191105213418p:plain:w300

これ、思いっきり川渡ってるよね・・・。
かといってタクシーとかは割高だし、歩くとなったら、この上の方に続いている道を画面外まで歩いてものすごく大回り(4kmくらい)をしないといけないみたい。

船の乗り方なんかわかんねー!でも、とりあえず行ってみるか!ってことで、乗ってきました(笑)
ちなみに、私の通ったルートは、下の地図の赤色の線のルートです。

まずは船乗り場へ・・・

まずは船乗り場に行かないと始まらない、ということで、地図を頼りに「Tha Pha Chan」という船乗り場まで歩きます。

船乗り場の入り口
f:id:exciting-sky:20191105220310j:plain:w400

中に進むと・・・
f:id:exciting-sky:20191105220501j:plain:w400

料金所が。
f:id:exciting-sky:20191105220617j:plain:w400

ここで、ボートが本当に目的地に着くのかをたずねます。本当は、Googleマップが示した青い点々のほうで行きたかったのですが、そこに直接行く船はない!と言われ、シラリート博物館に行くんだったらとりあえずあのボートに乗って歩きなさい、と言われ、その時はどの船がどこに行くのかよく分からないままとりあえず中に入ることに。

3.5バーツ支払ってゲートの中に入ります。
あんまり大きいお金だとダメかもしれませんが、お釣りはもらえます。
f:id:exciting-sky:20191105220956j:plain:w400

ボートに行き先が書かれているのを発見

ゲートに入ってボートをよく観察してみると、ボートにルートが書かれているのを発見!

f:id:exciting-sky:20191105221537j:plain:w400

↓ここ!
f:id:exciting-sky:20191105221630j:plain:w400

そしてGoogleマップをよく見てみると・・・
f:id:exciting-sky:20191105221447j:plain:w400

キターーーーーー!!!合致している・・・!!!奇跡!!!感動!!!
これで確証を得た私は安心してボートに乗ることに。
f:id:exciting-sky:20191105222138j:plain:w400

数分間ボートに揺られ、無事、対岸に着くことができました。
f:id:exciting-sky:20191105222020j:plain:w400

ここからてくてくとシリラート博物館まで10分くらい歩けば着きます。
訳も分からず挑んでみたローカルボート体験。なかなか楽しかったです。

シリラート博物館の写真は・・・携帯に残すのがこわくて撮れなかった(笑)

ちなみに、帰りも同じルートで帰ろうと思ったら、乗るボートを間違えて少し南の船乗り場に着いてしまいました。
そしてよくよく見ると、ちゃんと船に書いてある・・・!来た時のルートと違うやん!!!
f:id:exciting-sky:20191105222824j:plain:w400

これはきちんと看板を確認していなかった私が悪い。。
あと、このボートを乗った時は、乗る時に料金所がなくて、おっ、タダ乗り?!ってちょっとドキドキしてたら、船から降りた後にきちんと請求されました。必ずしも乗る時に支払うわけではないみたいです(笑)

乗り物酔いしやすい人は注意!

注意しておきたいのが、このボート、めっちゃ揺れます。
走り出したらそうでもないのですが、特に船着き場で出発を待っているとき。波がザブンザブンいうほど揺れます。
なので、乗り物酔いしやすい人は、出発の頃合いを見計らって乗った方がいいかも?!それか、遠くを眺めて酔わないようにするか・・・?!

以上、タイ・バンコクから、ローカルボート体験レポートでした!
ここまでお読みいただきありがとうございます♬