世界一周の旅に向けて準備中☆

看護師を辞めました!10月ごろに世界一周の旅に出る予定です!出発までは、写真と日常と旅の準備などについて書こうと思います☆ミ

社会人2年目になってすぐの頃、「転職しようかな」とつぶやいた私を否定しなかった母

今週のお題は「母の日」ですね!

お店に行ったら色々と可愛いお花や飾りが売っていますが、
今年は、モノで溢れた実家にさらにモノを贈るのもなんだかなぁと思ったので、色んな種類のみかんのジュースとゼリーのセットを贈りました。
↓これ(母から届いた写真)
f:id:exciting-sky:20190514201031j:plain
女子としてちょっとセンスがないかもしれませんが・・・
けっこう美味しそうじゃないですか?!笑

今日は、数年前、私が仕事に対して気持ちがしんどくなった時の、母の神対応について書きたいと思います。

私は社会人2年目になりたての頃、看護師として働き始めて1年と少ししかたっていないにも関わらず、とっても仕事を辞めたくなったことがあります。
先輩にはなったけどまだ慣れない仕事、ちょっとしたミスが患者さんの命に関わる恐怖や責任感、恐い医師や恐い先輩とのコミュニケーションの悩み、などなど、色んな事で気持ちがしんどくなっていた時期だったんだと思います。

そんなある日、母と二人で買い物に出かける機会がありました。

その帰り道、母と二人で電車に揺られているとき、自分の中でどう思ったのか、どうしても母にきいてほしかったのか、ちょっと言ってみよう、と思ってつぶやきました。

「転職しようかな」

人によっては母と友達のようになんでも話すという人もいますが、私は普段、母とあまり深い話などをするほうではありません。仕事がどうとかプライベートがどうとかも、お互いあまり干渉せず。
なので、そういう「今、ほんとはこう思ってるんよね」みたいな話をするのに、ちょっぴり勇気がいります。
この時も、どんな反応をされるんだろう、きっと反対されるんだろうな、と思ってちょっぴり緊張していました。

しかし、母は一言、こう言ったのです。

「そうか、ほな転職するか?」

驚きも反対もせず、理由も聞かず。

絶対、
えーーっ、そうなん、なんでなん?って驚かれたり、
あんたまだ1年しか働いてないもうちょっと頑張ってみぃや、って反対される、と思っていた私は拍子抜け!!!

そしてその瞬間私は、(あっ、辞めたかったら辞めてもいいんや)と思いました。

するとあら不思議。
『辞めたかったら辞めてもいい』
そう思えるようになると、途端に心がすっきりして、
(もうちょっと頑張ってみてもいいかな)
という気持ちになりました。

それからは、その時期ほど気持ちがしんどくなることもなく、恐い先輩も結婚や異動でいなくなっていき(笑)、ちょっとずつ楽しく働けるようになっていきました。

もしあの時、反対されていたら。なんでなんでと質問攻めにされたら。もっと気持ちがしんどくなっていたかもしれません。
本当にあの時の母の神対応には心が救われました。

でも、そういうことがあったなんて、母にはまだ伝えられていませんけどね~~
母に感謝をこめて。

ここまでお読みいただきありがとうございます^^

f:id:exciting-sky:20190514173325p:plain